0462.net

あなたの知らない座間がある。 0462.netは座間市内197店舗のお店が
参加するポータルサイトです。

ざまーけっとの画像検索を活用しよう!

畳屋たみちゃんの風

あなたのたみちゃん。

波の音、潮のかおり

外人墓地

2009年04月14日 16:46

 4月12日(日)。
まるで初夏を思わせるような強い日差しの中、
たみちゃんは大好きな横浜散策へ出かけた。

いつもはレンガ倉庫や山下公園、
馬車道近辺をブラブラとあてもなく
のんびり潮風を感じながら歩くのが大好きである。

この日は「横浜ベーシックコース」を体験したいと思い、
元町⇒外国人墓地⇒港の見える丘公園へと向かった。
奇しくもこの日はイースター。
そのせいなのか・・・?
外国人墓地で
たみちゃんの心に強く刻まれた
墓標を目にすることとなる。

元町から外国人墓地は歩いてさほどの距離ではないのだが、
いかんせん、すごい坂道を登らなくてはいけない。
せっかく蓄えた体脂肪が
効率よく?消費してしまうような
坂を登りきったところに
外国人墓地の入り口が有る。
入口で寄付金を支払い中へ入った。

古いというより「朽ちている」と言ってもいいような
墓石や墓標が少し淋しげにも感じたが、
今、整備を進めなんとか修復しようと
有志の方たちがこの墓地を支えているようである。

説明書や記念館?を見ると
結構重要な働きを日本でしてくださった
外国人、外国国籍(アメリカ国籍)が多いのに驚かされる。

日本YMCAの功労者。
日本初のボーイスカウトを創立した方。
日本の監獄制度の近代化改良した方。
日本初の外国人落語家。
新約聖書を最初に全文和訳した方。
おもしろいところでは、
侍に憧れて来日したイタリア貴族の「ゴンザカ」さん、
なんて言うのも有った(笑!)

たくさんある墓石、墓標の中に
次のような一節に出会った。

【ジョン・シコシここに眠る。
数奇なる運命のもとハンガリーに生まれ日本に死す。
秀でたる素質とたゆまざる努力と意志の人。
与えることのみにて求めることのなかりし人。
その碧き瞳、やさしき声音、
強き腕よ。
ああ我亡きあとこの稀なる人を
かくも切なく偲ぶ者のあらんや。糸恵】

この「シコシ」さんは、
日本で冷凍技術、冷凍剤のようなものを開発した方のようだ。
「糸恵」さんとはどのような関係かは解らないが
実に心に響く「詩」である。
糸恵さんがどんなにこのシコシさんを愛していたか、
痛いほど伝わってくるような
素晴らしい墓標だと思った。

墓誌を見るとシコシさんは1897年にハンガリーで生まれ、1969年に横浜で亡くなっている。
糸恵さんは1919年に生まれ2002年に亡くなったようである。

数百年も前の
会ったこともない人(人たち)であるが
確かに生きた証が
この異国の地で今も息づいているのを感じる。

失礼かと思ったが
多くの方にこの素晴らしい「詩」を見て頂きたくて
写真を撮って来ました。
眠れる多くの方たちの御霊の安らかなることを願いつつ・・・。

by-たみちゃん。



ちなみにシコシさんが生きていたら現在112歳。
糸恵さんは90歳である。
ふたりは22歳違いだったんですね・・・。


【財団法人:横浜外国人墓地】ホームページ
http://www.yfgc-japan.com/


コメントを書く

ニックネーム:

認証: *画像に表示されている文字を入力してください。(半角英数すべて小文字でも可能)
コメント一覧( 5 件)

畳屋たみちゃん さん

2014年10月10日 21時54分

Julie & Yoichi  さんへ
このコメントに気が付いたのが今日10月10日(金)夜9時40分・・・。
ブログを見ていただきコメントを残してくださってありがとうございます。
こんな事って有るのですね・・・。ジョン・シコシさんのお孫さん、日本に遊びに来ているのですね。
このような素晴らしい出会いに感謝します。
私のほうこそ、人様の大切な墓誌をブログに勝手に掲載してしまって申し訳ありません。
しかし、この墓誌に刻まれている文言は私の心に深く残る言葉でした。
パソコンで検索したところ、この墓誌に心打たれた人は他にも数人いらっしゃるようです。
あ~!!感激しています。
コメントを残して下さり、本当にありがとうございました。

by-畳屋たみちゃん。


Julie & Yoichi さん

2014年10月01日 15時05分

始めまして、私はJohn Sikosの孫でロサンゼルスの叔母、Johnの娘Juliae,の所に日本から遊びに来ています。このホームページを一緒に見ながら、このような素晴しい言葉を心より御礼致します。

畳屋たみちゃん さん

2011年05月27日 21時54分

ケビンコスイナー さん、コメント有難うございました。サボリ・サボリのブログ更新で今日久しぶりに覗いて見たら
「コスイナーさん」のコメが・・・。それも「アノ」ジョンシコシさんの事で書き込みしてくださって嬉しいです。フトしたことで偶然目にした墓標なのですが私のココロの金銭・・・いいえ「琴線」に触れたのでした。ブログ掲載の後、パソコンで「ジョンシコシ」と検索すると数件ヒットしたのでこれまた感激したのを覚えています。「すばらし言葉に自分のことを重ね、まさか女房はこうは書かないよねと思いました。」・・・・そうですか・・・現実はキビシーですね!ワタシも同感です???また書き込みしてください。有難うございました。
私はツイッターもやっています。
http://t.co/EjucKUV via @tamitami3
まだ不慣れでよく解らないのですが良かったらつぶやいてみてください。

ケビンコスイナー さん

2011年05月25日 17時08分

私がジョンシコシさんと糸恵さんの墓標に感激したのは2007年4月です。すばらし言葉に自分のことを重ね、
まさか女房はこうは書かないよねと思いました。シコシさんは本当に幸せな人だ。その夏、山手館で写真展を開き、
ジョンシコシさんのことを書きました。彼をモデルにラブストーリーも考えました。machisya.com

himarin さん

2009年04月14日 18時08分

地元だけど知らないことだらけだね。こういうの好きです。さりげないのが・・・・

思いだすなぁ(遠い目)E氏の訓示
「ペリーが浦賀に来航し日米修好条約を結んだのが1958年
それから10年後 明治維新を迎える
先見の明がある先人たちは軸がブレナカッタ」
(俺についてくれば間違いナイ・・・・)

たみちゃんだったらツッコミ所満載だろうけど
アフォ顔して聞いていましたよ。
よく使うんだよ この手 言葉の綺麗な人には注意しましょう

畳屋たみちゃん

ブログ説明

畳屋「たみちゃん」の日常語録

フォトギャラリー

197 / 242

全て表示する

カレンダー

総記事数: 207

2017 年 07 月
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

タグ

ページトップ

トップページ以下の構成(お店のページ以外)は予告なく変更されることがありますので、リンクはトップページ( http://www.0462.net )にお願いします。
このサイトに関するご意見・お問合せは  まで。

Copyright©Commerce and store confederation of 座間市商店会連合会. Japan, All rights reserved.