花いっぱいの街づくり ( 桜 伐採 )

さがみ野に桜が無くなる!

伐採された桜

 5月20日の強風で さがみ野駅前郵便局のさくらが折れて倒れた。

信号待ちしていた車2台と対抗斜線から進入した車に

折れたさくらがたおれ 車が破損した

幸い 怪我は無かったとのことだった

早々伐採 片付けられた。

 上記の災害を受けて 座間市 道路整備課が 早々 残りの桜について調査が行われ
昨日 11日 東原 コミセンにて 地元自治会・商店会に報告・話し合いが行われた。
それによると 12本のうち 7本は7月中に伐採 残りの5本に関しては経過を見るとの
説明・・・・・話し合いの結果 すべて伐採との 結論に達した。

長年この地区のシンボルとして あった桜が わずかの住民の説明のみで簡単に
伐採してよいものだろうか。
地球温暖化が騒がれ 若者への地域教育の荒廃など騒がれる昨今
今後の何の計画も示さず 50年以上も地域のシンボルとして そこにあった桜
地域住民の声の集約 商店会会員のコンセンサスも無いまま
出席した一部の人たちだけの意見で゛ 重要な問題が決定されていく現状に
いささか疑問が残るとともに 桜の存続を望む

今まで 保存のための何の処置も行わず 今回の災害を問題に
すぐに対処療法しか 考えず 決定を見る市の姿勢に疑問・・・・・

さがみ野の桜の伐採計画 反対

さがみ野のシンボル桜

 今年のさくら祭りのフォトギャラリー

来年はさくら祭りの開催 困難に
それで良いのか・・・・・・・・・・