0462.net

あなたの知らない座間がある。 0462.netは座間市内197店舗のお店が
参加するポータルサイトです。

ざまーけっとの画像検索を活用しよう!

ドローンNEWS

最新のドローン関連情報

DPFのNOW

クラウドファンディング

2017年04月24日 00:46

 各位


無事にオープン致しました。
ここまでのご支援と御協力に感謝致します。

さらにドローン認定スクールのオープニングに向けて、校長をサポートしながら一歩、一歩、着実に歩んで行きたいと考えております。
https://a-port.asahi.com/projects/drone-npolmz/

クラウドファンディングならではの、『ご優待料金』このチャンスに・ご検討を。
今後とも『Drone Pilot Field』を宜しくお願い致します

コメントを書く

ニックネーム:

認証: *画像に表示されている文字を入力してください。(半角英数すべて小文字でも可能)

DPFのNOW

校長よりご挨拶

2017年04月22日 20:10

みなさん、はじめまして。
(仮称)DPF『Drone Pilot Field』の校長を務めます吉田です。



現在、RC業界はもとより、産業界でもドローンに注目が集まっています…。


しかしながら安全&安心な確かな操縦技術を誇れるパイロットや技術者はまだまだ少ないのが現状です。


私のスクールにおいては、受講生の皆様に私の30年間にわたるRCのノウハウの全てを注いで実践的な技術を学んでいただきたいと考えております。


また、楽しみながら学べるようなカリキュラムを主催・運営のNPO法人LMZ様と企画しております。

実用的な知識や技術はもとより、非常時の現場対応力や高度なテクニックも身につけられるように指導させていただきたく思います。



又JUIDA認定証・取得(現在申請準備中)に加え、私(校長吉田)が独自で行う検定YO-Cの大空への夢検定・Aクラス→Fクラスの6段階)にて、皆様の技術を厳しく評価させていただきます!



ご希望により最終的には、私と同じドローン認定トインストラクターの取得の道も目指していただきたく存じます。


皆様・私(YO-C)と一緒に楽しく学びましよう。



2017年4月22日 校長 吉田直己




ご優待の道は、こちら


『2017年4月24日深夜0時』クラウドファンディングOPEN

ドローン業界に新しい息吹を吹き込ませて頂きたいのです…。

先ずは、下記URLから
朝日新聞『a-port』への登録をお願い致します。

https://a-port.asahi.com/reg-member-entry/




コメントを書く

ニックネーム:

認証: *画像に表示されている文字を入力してください。(半角英数すべて小文字でも可能)

DPFのNOW

2017年4月24日クラウドファンディングOPEN

2017年04月20日 17:53

 『2017年4月24日深夜0時』

ドローン業界に新しい息吹を吹き込ませて頂きたいのです…。

先ずは、下記URLから
朝日新聞『a-port』への登録をお願い致します。

https://a-port.asahi.com/reg-member-entry/

『校長の燃えたぎる熱意と皆様のご協力、受講生の努力』にて『明るい座間の日の出の空撮画像』をいつの日か。

JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)の公共会員である・NPO法人LMZ(理事長澁井清春)とYO-C222認定スクール(校長吉田直己)は、12年間携わったRCヘリコプター操縦教室で培った『安全安心な操縦士育成』をドローンでも実践して行きたいと考えています❗

皆様のご支援を宜しくお願い致します。

 

朝日新聞社は、言論・報道機関として、世の中のさまざまな出来事を読者のみなさまにお知らせすることを使命としています。素晴らしい技術や独創的なアイデア、高い志を持つ方々が社会の課題解決に向けて取り組んでいる地道な活動にも光を当ててきました。

そして今、情報の発信から一歩進め、情報に共感するみなさまが自ら直接支援の輪に加わる「場」を創出したいと考えました。

いくら夢や情熱があっても、個人がゼロから新しい商品やサービスを生み出す資金を得るのは容易ではありません。でも、インターネットで少額からの資金提供を呼びかけられる「クラウドファンディング」は、その可能性を大きく広げるしかけです。

一人ひとりのアクションはたとえ小さくても、こうしたチャレンジの成功を後押しし、夢の実現を積み重ねていくことが、世の中を明るくし、社会をよりよく、生き生きとしたものにすると信じ、私たちは新たなクラウドファンディングサイト「A-port」を立ち上げました。

新聞社として培ってきた情報発信力などの強みを活かしつつ、この仕組みが幅広い世代に支持され、日本に定着していくことを目指します。

コメントを書く

ニックネーム:

認証: *画像に表示されている文字を入力してください。(半角英数すべて小文字でも可能)

DPFのNOW

理事長が教えていただいたRCKのインストラクター方

2017年04月18日 22:17

 粟田一男先生…RCK認定インストラクター(千葉県長生郡)

      …空撮プロカメラマン     
      …NPO法人LMZ理事

 保土ヶ谷区防災フォーラムもお手伝い頂きました。

 粟田理事の空撮用大型RCヘリコプター、奥様がカメラを操ります。

 吉田直己先生…RCK認定インストラクター(神奈川県座間市)

 プロショップYO-C222より最初に購入した『TAYA製アミーゴ』

 そして、先日は『農林水産航空協会の操縦士認定講習』にて二泊三日の山籠りにもお付き合いいただきました。

中野友弘先生(神奈川県大和市)


中野さんの理路整然とした、RCヘリコプターの調整説明は、理解しやすかったです。
近頃は、飛行場でお見かけしないので、あまり飛ばしていないのかな。

 皆様のおかげで修了証も戴きました❗

平成18年とは、古い話ですね…(^_^;)

コメントを書く

ニックネーム:

認証: *画像に表示されている文字を入力してください。(半角英数すべて小文字でも可能)

DPFのNOW

理事長・校長・幹事打ち合わせ

2017年04月17日 05:58

理事長のつぶやき

《ドローン認定スクールの認定証》
もちろんJUIDAとかDPAとか私どもNPO法人(DPF)のスクールに入り卒業して、認定証を取る・取らないの最終的断は、受講者の皆様で決めることなのですが・・・。

少なくとも指導員が、RCKの認定インストラクターであるか、各種ラジコン競技での入賞者であるか位の確認はして卒業後も技術研鑽の道場(相談者)になるのかは重要なファクターでは無いだろうか…。

RC(ドローン&ヘリコプター)を究めるのに必要なのは回数を重ねた経験であり、飛行センスでもあると痛感した一週間であった。

コメントを書く

ニックネーム:

認証: *画像に表示されている文字を入力してください。(半角英数すべて小文字でも可能)

Drone Pilot Field

ブログ説明

ドローン関連の最新情報をお届けいたします。

オリジナルカテゴリ

フォトギャラリー

6 / 27

全て表示する

カレンダー

総記事数: 14

2017 年 04 月
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
2017年
1月2月3月4月
5月6月7月8月
9月10月11月12月

ページトップ

トップページ以下の構成(お店のページ以外)は予告なく変更されることがありますので、リンクはトップページ( http://www.0462.net )にお願いします。
このサイトに関するご意見・お問合せは  まで。

Copyright©Commerce and store confederation of 座間市商店会連合会. Japan, All rights reserved.