0462.net

あなたの知らない座間がある。 0462.netは座間市内197店舗のお店が
参加するポータルサイトです。

ざまーけっとの画像検索を活用しよう!

リーダーに聞きたい日々の質問

聞かれなければお答えしません...(笑)

コラム...独り言 ( 店舗 接客 社員 教育 人材 教育 育成 事業 継承 後取り 代替り オペレーション カウンセラー コンサルティング 神奈川 東京 横浜 大和 座間 海老名 綾瀬 会社 人 創業 セミナー )

一皮むける(1up)へのきっかけ

2016年02月24日 06:00

 こんにちは。
タモ吉です。

リクエストのあった、
こちらのお話をさせていただきます。

最近テレビCMで流れる1up...
まぁ、一皮むけました...みたいな意味だと思われます。

スタッフさんや従業員さん、
もしくは、
ご自身でそんな経験を見たり、された方も
多いのではないかと思います。
それはどんな『タイミング』、『きっかけ』でしたでしょうか?

組織において、
個の力が大きくなれば、組織の総合力は上がります。
お互いに磨きがかかれば、
それが切磋琢磨です。

人は気分で、気の持ちよう一つで
やる気になれますし、
やる気を失います。

家庭に問題があって、
職場で仕事が成功することは多くありません。

失恋を忘れるために仕事に打ち込むって話もありますが、
大好きな人と何か同じ目標を持って仕事に打ち込んでいる時の方が、
いい仕事はできているような気がします。

ということは...
まずは夢を持つことが大切で、
『夢』のために、
何からすべきなのかという『目標』を持って、
一つ一つ『階段を上って行く』っていうのが正攻法だと思います。

目標をいくつかクリアしたところで1upしているような印象です。

つまり、今何をしているかではなく、
その先に何が見えているかが大切なわけです。

毎日何を考えながら仕事をしていますか?

気がついたら、
何日、何時間そこにいたからいくらになる...
時間が経つのが早いとか、遅いとか...
これは既に時給制のアルバイトと同じ感覚ですから、
何かに向かって夢中になっている姿でも、
今の仕事のその先に何か見て仕事している姿でもありません。
すべての時給制の方をどうこう言っているわけではなく、
費用対効果を時間作業でパフォーマンス評価するような場合です。
そんなアルバイト感覚の方と一緒にいると、
ちょっとやる気になっている人なら、
一緒に仕事していても疲れるだけの存在です。

そんな人ばっかりの組織にしないために、
マネジメント面からすれば、
会社としての方針、方向性が共有できているか、
各スタッフとの間に同じ問題意識と、
目標の共有、目標達成時の待遇などを共有できているか...が
必要なことかもしれません。

スタッフは仕事の夢や希望、やってみたいことを
リーダーにぶつけ、伝えるべきであり、
経験や年功序列に関係なく公平に、スタッフが意見を言える場を設けるべきで、
これがなければ一部のベテランばかりに
仕事量と発言力が偏重します。
経営者も、ベテランに意見を求めがちです。
人はトップと直接話のできる人を『偉い人』と勘違いしがちです。

若いスタッフに夢も希望も持たせられない上に、
話すら聞けない先輩やリーダーが、
将来の目標となり得るはずもなく、
夢も、希望もない会社となります。
柔軟な新しい風が吹くこともなく、
ただただ、組織が老け込むばかりで未来はありません。

では、夢や希望や目標を持たせるタイミングはどうでしょう?

私がオーナーさんとの信頼関係を作れず、
担当店舗の半数以上で大失敗だった最初の担当から、
信頼関係を築き上げ、
表彰店を作れるような仕事の仕方に変化できたのは、
担当店が変更されたタイミングでした。

環境によって人の成長の仕方は変わる...と言います。
今まで同じ職種であった同僚が、
マネジメント講習を受けたり、
先輩マネージャーの中に入って仕事をしていくうちに、
マネージャーらしくなっていくものです。
これは、環境による変化と、気の持ちようが環境で作られたのです。
環境が変わったからこうでなければいけない、
そのためにはこうしよう...という流れが環境変化で
作りやすくもなるわけです。

これまで、仕事の指示を受けていた人が、
人に指示を出さなければいけなくなった時、
当然、最初からうまくはいかないわけですが、
普段から仕事の流れを、
先輩や上司について一緒にやっていて、
なおかつ、自分ならこうするって『検証』をしていれば、
目がさめるような結果を出すような、
仕事の仕方が大きく変えらることもあるわけです。
その小さな一つの成功の積み重ねから、
自信が持てるようになって、
考え方が大きく変わこともあります。

これが、1upのカラクリの幾つかの事例です。

いずれにせよ、組織の場合、
1upさせるには組織としてのバックアップ、
インフラがあった方が、
そんな自由闊達な社風があった方が、
スタッフ個人の成長力に頼るよりも有効だと言うことです。

もしも、スタッフに仕事を任せて、
部屋の模様替えじゃあるまいし、
気分転換みたいな陳列変更をしていると見えたら、
片っぱしから、
『なぜそれをしたのか』について質問してみてください。
意思が見えない返答であれば、
「本当は誰かがやってくれたならそれでいいと思う他力本願な姿勢のスタッフ」です。
自ら重要な局面には極力参加せず、
自らに責任の一端があったとしても放棄し、
いざとなったら、すーっと気配を消す残念な存在です。
そんなスタッフがいるのは、それを許す組織の姿勢の裏付けです。
でも、
中には『目からウロコ...』なんてこともあります。
また、
意思はあるけど、筋が通ってないなら、
しばらくはそのままにして様子を見て、
一緒に検証して、
何がズレたのか〜どうすればいいのか...を
一緒に修正して(導いて)みましょう。

私たちのように売場を通して経営を15年以上見てくると、
経営者の「お客さんに対しての姿勢」や、
スタッフの「意気込み、やる気」が売場から見えてしまうことがあるのは、
こういった部分です。

結果として、数字がついてきたら、
それはそのスタッフのおかげです...と言うことで。
そんな小さなことの積み重ねでも、
急に1upすることがあります。

担当部署の変更、
担当店の変更、
転職など環境の変化が伴うと
1upしやすかも知れません。

皆さんはどうやって1upさせる工夫をしていますか?


#タモ吉

コメントを書く

ニックネーム:

認証: *画像に表示されている文字を入力してください。(半角英数すべて小文字でも可能)

さがみ野 de タモ吉

ブログ説明

限られた人材の中で最高のパフォーマンスを出すヒントがちょっとあります。チームプレイは『個の結集』。個人の能力を引き出すことがタモ吉本来の仕事です。

オリジナルカテゴリ

フォトギャラリー

1 / 1

全て表示する

カレンダー

総記事数: 23

2017 年 10 月
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ページトップ

トップページ以下の構成(お店のページ以外)は予告なく変更されることがありますので、リンクはトップページ( http://www.0462.net )にお願いします。
このサイトに関するご意見・お問合せは  まで。

Copyright©Commerce and store confederation of 座間市商店会連合会. Japan, All rights reserved.