0462.net

あなたの知らない座間がある。 0462.netは座間市内197店舗のお店が
参加するポータルサイトです。

ざまーけっとの画像検索を活用しよう!

寝るのが趣味

ふとん屋の二代目のプログ

こだわり

羽毛ふとんにパシーマをお薦めする理由

2017年03月25日 14:05

 こんにちは 座間市さがみ野駅北口、快眠具まるとみです。

「羽毛ふとんが暑い」と感じている方はいませんか?

羽毛ふとん用の側生地は、他の寝具の側生地よりも気密性が高くなっています。

中の羽毛が外に出ないようにするためですが、同時に通気性も悪くなっています。

羽毛ふとんが暑く感じるのは、身体から出る汗や湿気が通りにくいので、蒸れてしまうからなんですね。

羽毛ふとんと体の間に、汗を吸ってくれるタオルケットや綿毛布を使うと、蒸れ感も緩和されます。

パシーマキルトケットは、タオルや綿毛布に比べると、軽くて吸水性も高いので、より快適に眠れます。

また、通常の毛布よりも40㎝長いので、襟元で折り返して使えます。

折り返すことで、カバーやふとんの襟元の汚れも防ぐことができます。

布団カバーの洗濯は、取り外しや掛け直したりが手間ですが、パシーマなら洗うのも簡単♪

タオルや毛布に比べると、ホコリが少ないのも衛生的です。

気持ちよく眠るために、羽毛ふとん+
パシーマキルトケットがお薦めです。

 
快眠具.com

コメントを書く

ニックネーム:

認証: *画像に表示されている文字を入力してください。(半角英数すべて小文字でも可能)

こだわり

羽毛ふとんの中身の量について

2017年02月02日 17:18

 詰め物重量1.3㎏の羽毛ふとん

 左:ポーランド産ハンドセレクト 右:カナダ産ホワイトグース

 こんにちは 座間市さがみ野駅北口、快眠具まるとみです。


羽毛ふとんの中身の量について勘違いされている方が多いようです。

同じ価格で羽毛量が1.3㎏の羽毛ふとんと1.4㎏の二種類があるとしたら、

どちらを選びますか?

どちらも十分な厚みがあるとすれば、1.3㎏の羽毛が良質といえます。

羽毛ふとんの中身の量は、ダウンの粒の大きさと比率(%)で変わってきます。

画像のポーランド産ハンドセレクトは表示比率が95%になりますが、

このダウンですと1.1㎏~1.2㎏で冬掛けとしては十分な厚みとなります。

良質なダウンを使用した羽毛ふとんは、より軽くて暖かいことと、耐久性にも優れています。

リフォームを前提に、良質なダウンを選ぶことは、経済的にも賢い選択だと思います。

ただし、ホームセンターや量販店で販売されている、

ポリエステルの側生地の羽毛ふとんは例外です。

ポリエステルは綿生地よりも膨らみが出やすいために

1㎏~1.2㎏の商品が格安で出回っています。

これはコストダウンのために羽毛の量を減らしているだけです。

当店ではメーカー仕入れではなく、近場の小さな工場で一枚ずつ作っています。

中身のサンプルもあるので、確認しなから選んでいただけます。

 快眠具.com

コメントを書く

ニックネーム:

認証: *画像に表示されている文字を入力してください。(半角英数すべて小文字でも可能)

こだわり

羽毛ふとんの産地偽装と品質について

2017年01月28日 14:40

 こんにちは 座間市さがみ野駅北口、快眠具まるとみです。

羽毛ふとんの価格と品質は、中身が見えないものだけに判断が難しいですね。

日本羽毛製品協同組合のHPのトップでは産地偽装についての記事となっていますが、

産地偽装に関しては今に始まったことではなく、

以前から業界内では既成事実として行われていたことです。

ハンガリーやポーランドの生産高の数倍の量の羽毛が、

国内では公然と販売されているのが現状です。

日羽協では、画像のようなラベルも発行して品質により色分けしていますが、

これも工場や販売側の自己責任なので、中身の品質を保証できるものではありません。

 残念ながら産地やラベルは

販売者が販売促進のために利用していることが多いと思われます。

当店では、羽毛製品に関しては問屋・メーカーからの仕入れから、

県内の近場の工場との直接取引に変えました。

大量生産ではなく、一枚づつ丁寧に仕上げてもらえることと、

直接取引なので高品質の羽毛を低価格で販売できるのがメリットです。

 羽毛製品の織りネームには全て店名を入れています。

私は本当に品質の良い羽毛なら、中国産でもいいかなと…

偽物の産地ブランド羽毛は販売したくありません。

産地ブランドにこだわることなく、確かな品質の商品をお勧めしたいですね。

 快眠具.com

コメントを書く

ニックネーム:

認証: *画像に表示されている文字を入力してください。(半角英数すべて小文字でも可能)

こだわり

組子ベッドの桐材の品質について

2016年12月08日 11:27

 柾目/まさめ

 板目/いため

こんにちは、座間市さがみ野駅北口 快眠具まるとみです。

今日は、組子ベッドに使用している桐材の話です。

組子ベッドに使っている桐材は中国桐ですが、最高級のAグレードを使用しています。

Aグレードは、ほぼ柾目です。

柾目は丸太を製材した時の中心部分で、僅かしか取れない部分、当然価格も高価になります。

柾目以外の部分は板目となり、ABグレード>Bグレード>Cグレードと、価格も安くなります。

柾目の木目は平行線状になりますが、板目取りにすると木目がタケノコ模様になります。


組子ベッドには、なぜ価格の高い桐材のAグレードを用いているかと言えば、柾目の方が板目より、反り、収縮等の 材の狂いが少ないからです。

製造工場の総桐箪笥 和光さんでは、この点を最も重視しています。

桐箪笥の引き出しは名刺1枚分の隙間なので、僅かな反りも許されません。

そんな箪笥職人のこだわりと職人技が、組子ベッドにも生きています。

箪笥工場で作る組子ベッドは、当店
ショールームでご覧になれます。

 
快眠具.com

コメントを書く

ニックネーム:

認証: *画像に表示されている文字を入力してください。(半角英数すべて小文字でも可能)

こだわり

ドイツ製 イベナ毛布

2016年12月07日 12:58

こんにちは、座間市さがみ野駅北口 快眠具まるとみです。

気温の変動が大きい12月ですが、インフルエンザも流行っているので注意しましょう。

今日は、ドイツ製 イベナ毛布を紹介します。

当店での扱いは長いイベナ毛布ですが、お客様からも『軽くて暖かい』と好評です。

綿58% アクリル35% 指定外繊維7% という素材なので、綿毛布に分類されています。

国産の綿毛布との違いは、アクリル混により、風合いや軽さ暖かさが違います。

イベナ毛布の特徴は…

・薄くても暖かい
・軽い
・肌触りが気持ちいい
・アクリル毛布のように滑らない
・洗濯機で洗える
・吸湿性があるので、夏以外の季節にも使える

ベッドをお使いの方で、掛けふとんがずり落ちるという方は、毛布を疑ってください。

アクリルの毛布は表面がツルツル滑るので、掛けふとんが落ちやすくなります。

イベナ毛布は綿混なので滑らない、という点でも好評です。

軽いので、羽毛ふとんの上掛け毛布にも最適です。

今年はPOPで楽しいデザインを品揃えしてみました。

上掛け毛布にいかがですか?

肌触りもよく洗濯機で洗えるので、中掛け毛布にも使えます。

 ドイツ製 イベナ毛布 ¥10,800(税込)

 ドイツ製 イベナ毛布 ¥9,720(税込)

 ドイツ製 イベナ毛布 ¥9,720(税込)

 ドイツ製 イベナ毛布 ¥12,960(税込)

 ドイツ製 イベナ毛布 ¥12,960(税込)

 ドイツ製 イベナ毛布 ¥16,200(税込)

 ドイツ製 イベナ毛布 ¥16,200(税込)

コメントを書く

ニックネーム:

認証: *画像に表示されている文字を入力してください。(半角英数すべて小文字でも可能)

店長

ブログ説明

営業時間
10:00-19:00
定休日
火曜日
TEL
046-253-2809
住所
座間市 さがみ野2-3-10

フォトギャラリー

19 / 152

全て表示する

カレンダー

総記事数: 70

2017 年 05 月
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ページトップ

トップページ以下の構成(お店のページ以外)は予告なく変更されることがありますので、リンクはトップページ( http://www.0462.net )にお願いします。
このサイトに関するご意見・お問合せは  まで。

Copyright©Commerce and store confederation of 座間市商店会連合会. Japan, All rights reserved.