0462.net

あなたの知らない座間がある。 0462.netは座間市内197店舗のお店が
参加するポータルサイトです。

ざまーけっとの画像検索を活用しよう!

第33話 番神水(後編) 三十番神

2006年02月26日 00:00

第33話 番神水(後編) 三十番神

第33話 番神水(後編) 三十番神


 番神水は番神堂と呼ばれる小さなお堂の後ろからわき出ています。
お堂の格子からのぞくと榊(さかき)の奥に小さな紳像がたくさん立っているのが見えます。この神様たちが三十番神です。

三十番神とは


 毎日順番に日替わりで世の中を守って下さる三十柱(はしら:神様の数をかぞえるときは「人」ではなくて柱という単位をつかいます)の神様集団です。日直のような感じですね。この神様は毎月一日は熱田明神(あつたみょうじん)、二日は諏訪明神(すわみょうじん)というように担当する日が決まっていて、三十人で一回りしたらまた元に戻ります。


三十柱のそれぞれのお名前は次のとおりです。
(ついでにそれぞれの神様が本来まつられている場所もつけました。近畿地方に集中していますね。)

座間 番神堂 三十番神 一覧


神様の名前は円教寺の解説によりますが、赤山明神は赤城明神となっているものを訂正しました。

一日
熱田明神 (あつたみょうじん)愛知県 名古屋市熱田神宮
二日
諏訪明神 (すわみょうじん)長野県 諏訪市諏訪大社
三日
広田明神 (ひろたみょうじん)兵庫県 西宮市広田神社
四日
気比明神 (けひみょうじん)福井県 敦賀市気比神宮
五日
気多明神 (けたみょうじん)石川県 羽咋市気多大社
六日
鹿島明神 (かしまみょうじん)茨城県 鹿島市鹿島神宮
七日
北野明神 (きたのみょうじん)京都府 京都市北野天満宮
八日
江文明神 (えぶみみょうじん)京都府 大原野村町江文神社
九日
貴布祢明神(きぶねみょうじん)京都府 京都市貴船神社
十日
天照大神 (あまてらすおおみかみ)三重県 伊勢市伊勢神宮
十一日
八幡大菩薩(はちまんだいぼさつ)京都府 京都市石清水八幡宮
十二日
加茂明神 (かもみょうじん)京都府 京都市賀茂神社
十三日
松尾明神 (まつのおみょうじん) 京都府 京都市松尾大社
十四日
大原明神 (おおはらみょうじん) 京都府 京都市大原野神社
十五日
春日明神 (かすがみょうじん)奈良県 奈良市春日大社
十六日
平野明神 (ひらのみょうじん)京都府 京都市平野神社
十七日
大比叡明神(おおびえみょうじん)滋賀県 大津市日吉大社
十八日
小比叡明神(こびえみょうじん)滋賀県 大津市日吉大社
十九日
聖眞子権現(しょうしんしごんげん)滋賀県 大津市日吉大社
廿日
客人権現 (まろうどごんげん)滋賀県 大津市日吉大社
廿一日
八王子権現(はちおうじごんげん)滋賀県 大津市日吉大社
廿二日
稲荷明神 (いなりみょうじん)京都府 京都市伏見稲荷大社
廿三日
住吉明神 (すみよしみょうじん)大阪府 大阪市住吉大社
廿四日
祇園明神 (ぎおんみょうじん)京都府 京都市八坂神社
廿五日
赤山明神 (せきさんみょうじん)京都府 京都市赤山禅院
廿六日
建部明神 (たけべみょうじん)滋賀県 大津市建部大社
廿七日
三上明神 (みかみみょうじん)滋賀県 野洲町御上神社
廿八日
兵主明神 (ひょうすみょうじん) 滋賀県 中主町兵主神社
廿九日
苗鹿明神 (のうかみょうじん)滋賀県 大津市那波賀神社
三十日
吉備明神 (きびみょうじん)岡山県 岡山市吉備神社


三十一日はどうするの?


 実は明治5年(1872年)12月より前、日本には「三十一日」という日は無かったのです。
今、世界中のほとんどの国で使われている暦(こよみ)は太陽の動きを基準にして定められた「太陽暦」(たいようれき)ですが、日本では月の満ち欠けを基準にした「太陰暦」(たいいんれき)をつかっていたのです。

 月は新月から満月へ、また新月へと約29.5日周期(正確には29.53059日)で満ち欠けします。太陰暦はこの新月の日を1日(ついたち)として次の新月までを1月(ひとつき)と数えたのです。
(だから「ひとつき」は「月」という文字をつかうのです)

 実際には29.5日という小数をつけるわけにはいかないので29日の月と30日の月をほぼ交互に置き、29日の月を「小の月」(しょうのつき)30日の月を「大の月」(だいのつき)といいました。微妙なずれの調整に、ときどき大の月を連続して置く事もありました。
しかしこのままだと1年が354日か355日で、太陽が1周する365日より10日以上短いために季節がずれていってしまいます。そこでときどき13番目の月を入れてずれをおぎなっていました。この13番目の月を「閏月」(うるうづき)といいました。
ですから昔は12ヶ月の年と13ヶ月の年があったということですね。
これでは農業を営むのには困ります。いつ種をまくのか、いつ田植えをするのか、年によってずれてしまうからです。これを解決するために「二十四節気」(にじゅうしせっき:立春、大暑など、季節の変わり目を表す24の日)が定められていました。
でも一般の生活には大きな影響はなく、むしろ夜の月を見ただけでカレンダーがなくてもその日が何日であるのかわかって便利だったかもしれません。(三日月なら3日、満月なら15日)

ちょっとトリビア


明治5年、それも12月になって明治政府は太陰暦を廃止し太陽暦に変えました。これは世界の仲間入りをするために欧米諸国に合わせるのが当然の成り行きだった・・といえばそれまでですが、なぜそれ以前にしなかったのにこの年に実施したのか・・・
実はこのとき明治政府は公務員に給料すら払えないほど絶望的にお金が足りなかったのです。しかもこの年は閏月のある年・・つまり1年が13ヶ月もあったのです。言い換えれば・・給料を13回払わなければならなかったのです。そこで太陽暦を取り入れて1年を12ヶ月と決めてしまえば1ヶ月分の給料を払わなくてすむ!というわけでぎりぎりの12月にあわてて太陰暦を廃止したのだと言われています。

もし今も太陰暦が用いられていたら・・
13ヶ月の年は日数が385日ぐらいあり、12ヶ月の年は355日ぐらい・・
学校ではこの差があっても同じだけの量勉強するのだとしたら、学年によって大変な事になりますね。

まめこぞう

ユーザー写真

ブログ説明

オリジナルカテゴリ

フォトギャラリー

99 / 212

全て表示する

カレンダー

総記事数: 39

2017 年 07 月
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ページトップ

トップページ以下の構成(お店のページ以外)は予告なく変更されることがありますので、リンクはトップページ( http://www.0462.net )にお願いします。
このサイトに関するご意見・お問合せは  まで。

Copyright©Commerce and store confederation of 座間市商店会連合会. Japan, All rights reserved.